top of page
  • 執筆者の写真tito

サケの復興:ワイルドサーモンセンターへのインタビュー

更新日:6月30日

本記事は、持続可能な食料システムをデザインする方法を探る一連のブログ記事とビデオの一部である。人間が消費するための食の生産は環境に悪影響を及ぼし、人間の活動と生態系の完全性との間にトレードオフの関係が生まれます。本シリーズを通じて、私たちは、農家、漁師、林業者、貿易業者、小売業者、消費者など、食料サプライチェーンに関わる人々の声に耳を傾け、食料システムの根底にある課題、矛盾、トレードオフを理解します。これはまた、大学のカリキュラムや日々の授業に持続可能性を取り入れることにも貢献するとともに、つながっています。 研究を通して豊富な知識を蓄積し、教育を通して学生と交流することで、私たちは関係者と協力し、社会生態的正義と持続可能性の原則に基づいたオルタナティブなフードシステムの必要性を訴える声を増幅させることが重要と考えます。


以下の動画は、オレゴン州ポートランドに拠点を置くワイルドサーモンセンターのサーモン流域科学者であるウィル・アトラス氏のインタビューを特集します。ワイルドサーモンセンターは、北太平洋全域の野生サーモンの生態系を保護するために活動している国際的な組織で、アラスカ州、ブリティッシュコロンビア州、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、および西太平洋地域でプロジェクトを実施しています。





閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page